ただいま、ふたりの宝石箱 あさばみゆき ひと口読書感想

ひと口読書感想 ただいま、ふたりの宝石箱 ひと口読書感想

こんにちは。しいまです。

今回は、「ただいま、ふたりの宝石箱」のひと口読書感想です。

わたしあんまり恋愛小説は読まないんですけれど、これはもうキュンキュンしました!

続きが気になるけれど、読み終わるのが勿体ない・・・でも最後が気になる

という(笑)お話でした

読み進めるうちに伏線がちゃんと回収されて、最後はハッピーエンドです。

ただいま、ふたりの宝石箱

児童養護施設で育ち、小学校入学直前に養父母に引き取られたけれど、幸せな日々は長くは続かず、引き取られて6年後に養父が亡くなり、そのあと養母に激しいネぐレストを受け、「1人で生きていかなきゃいけない」と強く思いながら生きてきた涼子さん。

人に甘えるのが苦手で、気遣い上手な涼子さん。

職場でもクールビューティーな鉄壁女子。

あだ名は硬度マックスのダイヤモンド「ホープダイヤ」。

一生懸命生きるって、みんなやってそうで、はてそうかな?

ってとこありますよね。

全方位に真っ向勝負では生きられません。

どこかで妥協したり手を抜いたりしちゃいますよね。

でも涼子さんはまさに一生懸命なんですよね。

そんな涼子さんの好きなものは、キラキラしたビーズや天然石。

でも、自分にはキラキラしたものは似合わないとどこまでも控えめで、会社の人にも言えず、同じ趣味で話ができる人は友達の春ちゃんだけ。

ある理由で会社を辞めることになってしまい、新宿の古い一軒家に引っ越します。

この一軒家は養叔父が名義を涼子さんにしてくれた家。

無職になってしまった涼子さんは、家賃収入があれば助かるということで、春ちゃんの紹介で間借り人と暮らすことになります。

この間借り人が、涼子さん憧れの職業である宝飾職人!

春ちゃんの紹介なら大丈夫!と面接もせずに同居を決め、ウキウキ気分で迎えた当日、「希美さん」というからてっきり女性だと思っていたら、なんと同年代の男性だったのです。

面接をしなかったことを激しく後悔し、「1日で契約解除できるだろうか・・・その場合の解約金は?払えない・・・」と思った涼子さんですが、希美さんも春ちゃんに「日がな1日縁側でビーズアクセを作ってる大家」と聞いていたから、涼子さんをおばあちゃんだと思っていたんです。

お互い気まずいまま、同居の解除は言いづらい。

お互い相手を気遣いつつ適度な距離を保つタイプなので、そのまま数日暮らしてみれば、案外と不都合がなかったんです。

ここからですよ!


面白くなるのは!!

もう涼子さんと希美さんの周囲への気遣いが細やかで繊細で・・・勉強になります。

希美さんはどこまでも格好いいんですよね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました