子猫を飼い始めて6か月目の動物病院費用まとめ

子猫を飼い始めて6か月目の動物病院費用まとめ 動物病院

こんにちは。しいまです。

今回は保護団体から生後約3か月の子猫をお迎えして、6か月目(生後約8か月)の病院費用をまとめてみました。

猫の里親になるときの条件が、「必ず去勢・避妊させること」でした。

おきくも生後6か月を過ぎたので、避妊手術をしました。

6か月目(生後約8か月)の病院費用の大部分はおきくの避妊手術代です。

おきくの避妊手術

6か月目の動物病院費用の2頭合計金額

保護団体から子猫をお迎えして、6か月目の動物病院費用の合計金額は38,016円でした。

6か月目の病院費用

おきくちゃん

  • 避妊手術 22,000円(税別)
  • 猫白血病・エイズ検査 4,200円(税別)
  • 血液化学検査 4,200円(税別)
  • 再診料 600円(税別)

合計34,100円(税込)

ごえもん

  • 初診料 1,100円
  • フルオル試験 900円
  • 点眼液 910円
  • 点眼液 650円

合計 3,916円(込)

2頭合計 38,016円(込)

※金額はわが家の近所の動物病院の場合です。

血液検査は年1回の健康診断の替わりにもなるので、割安に健康診断ができてお得です。

6か月目のひと月で3回動物病院に行きました

3回の動物病院の内容はこんな感じです。

  1. おきくの避妊手術
  2. おきくの避妊手術の抜糸
  3. ごえもんのまぶたの腫れ

避妊手術の流れやおきくの様子はこちらをご覧ください。

去勢・避妊のメリットデメリットの詳細はこちらをご覧ください。

ごえもんのまぶたの腫れの詳細はこちらをご覧ください。


避妊手術は高いけれど、ペット保険適用外です。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました